技術者試験

■責任技術者制度について

下水道の使用には、排水設備の設置が必要となります。排水設備工事は、工事を施工する箇所の市町の指定を受けた指定工事店でなければ施工できません。指定工事店の指定の条件は、各市町で定めていますが、工事を適正に行うため、一定の知識や技術のある責任技術者がいることを条件としています。

■責任技術者共通試験

責任技術者になるには、岡山県下水道協会が実施する排水設備工事責任技術者共通試験に合格し、責任技術者として当協会に登録する事が必要となります。
試験は原則的に2年に1回、12月の第1日曜日に実施することとしています。

※責任技術者共通試験の受験資格については、下記の要綱、要領をご覧ください。

下水道排水設備工事責任技術者制度実施要綱(抜粋)

下水道排水設備工事責任技術者制度実施要領(抜粋)

■申込~受験の流れ

令和2年度の予定は下記のとおりです。

なお、新型コロナウイルスの感染状況等の影響により試験が中止となる可能性がありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

試験の中止が決定された場合、このホームページにてお知らせします。

令和2年8月25日(火)         試験告示(告示文)

〃              受験案内書類の配布開始(各市町の下水道担当課)

令和2年9月7日(月)~18日(金)    試験受験申込の受付期間

令和2年12月6日(日)      試験【コンベックス岡山】

令和3年1月8日(金)        合格発表(合格者一覧)

令和3年1月12日(火)~22日(金)  試験合格者の登録申請期間

令和3年3月中旬          責任技術者証の交付

※令和2年度は試験前の講習会は実施しません。